全身脱毛の基本情報を知り、安全にキレイな肌になろう!

全身脱毛で美しい素肌を手に入れる

全身脱毛には、ニードル脱毛・医療レーザー脱毛・光脱毛など様々な種類があります。光脱毛は、IPL脱毛やプラズマ脱毛、フラッシュ脱毛と施設によって呼ばれ方が異なりますが、どれもムダ毛の黒いメラニン色素に反応する特殊な光を利用してムダ毛の再生機能をストップさせる仕組みです。
どの方法で全身脱毛を行ったとしても共通して言えるのは、毛穴が小さくなって目立たなくなるということです。ムダ毛の再生がストップして役目を終えた毛穴は、自然に少しずつ閉じていきます。その結果、キメが整って肌が美しくなります。

ムダ毛なし女子を目指す

毛穴が小さくなることは、潤いを維持する働きにも関係しています。毛穴が開いていると水分が蒸発しやすいので保水力が低下して潤い成分を生成する機能にも影響を与えますが、毛穴が閉じると水分を溜めておく力がよみがえって潤い成分の生成も活発になります。水分と油分、どちらの量もちょうど良い範囲にすることが肌のコンディションを整えるコツですので、保水力を高めることは重要です。
このような効果の他にも、選ぶ施術によっては美肌への作用が期待できます。何より、自分で繰り返し処理を行わないことが健やかな肌作りに役立ちます。

全身脱毛は専門の施設で

全身脱毛とは、広い範囲の脱毛を行うことです。対象の範囲に関しては施術を行う施設によって異なりますので、必ず事前の確認が必要です。選ぶ施設によっては、気になる箇所が対象に含まれていないこともあります。対象範囲とは、あくまでもエステサロンなどが独自に設定しているものですので、多少の違いは仕方のないことです。

要確認の全身脱毛情報とは

特に違いがあるのが、顔やデリケートゾーンへの施術です。全身脱毛の施術でこれらの対応箇所に違いが出る理由は、他の部位に比べて比較的肌の弱い箇所だからです。敏感な部分なら少し特別なケアが必要になりますし、注意を払っていても肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。そのようなリスクを避けるために、全身脱毛でも処理を行う箇所を制限しています。
顔脱毛では、他にも制限される理由があります。顔のムダ毛は他よりも色素が薄いので、導入されている機械によっては十分に反応しません。その場合、せっかく照射を行っても効果が得られませんので、対象箇所から外されます。
このように同じような全身脱毛であっても、行われている部位に違いがあります。気になる部位が含まれていないと意味がありませんので、事前のリサーチが大切です。

素肌に自信が持てる全身脱毛

全身脱毛後は、処理残しを心配する必要がありません。必要に応じてパーツ毎に処理を行っていると、急に想定外の箇所の処理が必要になることもあります。その場合、慌ててムダ毛を取り除くことで肌に負担をかけるケースもありますし、数本のムダ毛が残ってしまうこともあります。永久脱毛も急には行うことができませんので、急いでいる時には一時しのぎの方法になってしまうというところが最大の問題です。一時しのぎの方法は皮膚に見えないくらい小さな傷をたくさんつけてしまい、外的刺激に負けやすい状態になります。
肌の健康のことを考えても、思い切って永久効果のある方法で全身の脱毛をしてしまった方が安心です。毛母細胞が正常に働いている間は毛穴を小さくするのが難しく、そこに皮脂や汚れが詰まると大きく開いたままになります。詰まった皮脂などは雑菌を繁殖させ衛生的に見ても良くありませんし、見た目にも美しくありません。役目を終えた毛穴は何もしなくても自然に閉じていきますので、永久脱毛後はキメが整って美肌になります。キメを整えると皮脂なども詰まらなくなりますので、清潔な状態を維持することが容易になり、臭いの原因を断ち切ります。

痛みと照射後の炎症に注意

多くの優れた特徴を持つ全身脱毛にも問題がないわけではありません。永久脱毛では、痛みへの不安が大きくて実際の施術に踏み切れないケースもあります。確かに毛根にある再生機能をストップさせてしまうほどの威力ですので、強い痛みを伴うことを想像してしまいます。しかし、最近ではほとんど痛みを感じない施術も登場していますので、そのような施術を選ぶことで不安を解消できます。もっとも痛みが少ないのは、現在主流になりつつある光脱毛であり、照射される光には肌中のコラーゲン生成能力を高めて潤いをよみがえらせたり、キメを整えたり、シミなどの色素沈着を改善させる効果があります。
また、レーザー脱毛や光脱毛によって特殊な光を照射した後は、肌が軽い炎症を起こすことも心配される要素の一つです。ただし、炎症は一時的なものですので、過度な心配はいりませんし、よく冷却しておけばより早期に改善へと向かいます。施術に適さないコンディションなら、事前のカウンセリングの時に分かっているはずです。実際に施術が行われたということは、照射に際して何の問題もないと判断されていますので、施術を受けた後にトラブルが起こることはほとんどありません。

紫外線対策とスケジュール管理が大事

きちんとした効果を得るためには、日常生活の中で紫外線対策を徹底しなければなりません。レーザー脱毛や光脱毛はムダ毛の黒いメラニン色素に反応するものですので、肌の色が濃くなると施術ができなくなる可能性もあります。日焼け止めクリームを塗るだけでなく、日傘やUVカット効果のある薄手の上着などを活用して全身の対策を行うことが大切です。日焼けをすると照射が行えるだけでなく、肌のコンディションにも影響を与えます。乾燥を招いて刺激に過敏に反応するようになりますので、日頃から念入りに対策を講じなければなりません。
施術は長期にわたりますので、スケジュール管理も重要です。ターゲットとなる日が決まっている場合には、できるだけ早めに施術に入らなければなりません。途中で体調不良や仕事の都合で予約をキャンセルをしなければならない日が出てきた時、次の予約が取りにくいと間隔があいてしまいます。そうすると次の予定がどんどん崩れていきますので、スケジュールは余裕を持って立てる必要があります。レーザー脱毛や光脱毛なら1回あたりにかかる時間はとても短いので、ちょっとした空き時間を利用して通うことが可能です。

それそれの施術の効果を正しく理解して利用

理解しておきたい全身脱毛の知識

全身脱毛を行う方法としては、光脱毛・レーザー脱毛・電気脱毛などがあります。光脱毛には痛みが少なく、費用が安いというメリットがあり、美肌効果まで得られます。レーザー脱毛も仕組み自体は光脱毛とほとんど同じですが、医療機関で行われていますので強い出力で処理を行うことができます。医療行為として施術を受けますので、何かトラブルがあっても迅速に対応してもらえて安全に脱毛をすることができます。電気脱毛は時間がかかりますが、もっとも完璧に処理できる方法です。一度処理を施した毛穴からは二度と再生しません。
このようにどの方法にも、異なるメリットがあります。全身脱毛を行った後は生えかけのムダ毛の不快な感触に悩まされることもありませんし、処理残しを心配する必要もありません。再生してこない状態になると、毛穴が少しずつ閉じていって、やがて目立たなくなります。キメが整うことで見た目が美しくなりますし、保水力や潤いもアップしてコンディションを維持しやすくなります。その都度処理を行うと肌に与える負担も心配されますが、永久脱毛後は皮膚を傷つける処理を行わなくて済みますので、より良い状態へと変わります。